今さらながらNISAを調べるきっかけ

NISAについて少し調べてみました。
遅ればせながら、老後のことも考えて少額でも資金運用した方が良いと考えまして・・・。

ネットで調べると情報の波にのまれてしまってなかなか内容がつかめません。
ちょっとブックオフへ行って850円でNISAの本を購入。

半分まで読み進めましたが、やさしいNISAみたいなこと書いてありながら、専門用語が多くてなかなか難しい!
ポートフォリオというのが運用資産(保有資産)の組み合わせであること、その中身は預貯金、株式、債券、投資信託、REIT、外貨預金、金など様々なものがあるということ、なんて今まで知らなかったです。

とりあえずNISAって何?

とりあえず知ったのは、

  • NISAは小額投資非課税制度という意味
  • 1口座120万円まで非課税
  • 非課税枠は5枠まで持つことが出来るが、口座開設時から1年ごとに1枠ずつ増える仕組み

ということ。

自分の年齢、環境から考えて、低リスク長期投資の方が良いな~と考えたので、積立NISAについても調べることに。

NISAと積立NISAの違い

NISA
非課税投資枠:年間120万円
非課税期間:最長5年
投資の手間:自身で購入・売却
投資できる商品:日本株、外国株、投資信託、REIT、ETF、ETNなど
※一般NISAは2023年で終了し、2024年からは新NISAに移行予定。2019年以降に使った枠は新NISA枠にロールオーバー可能。

積立NISA
非課税投資枠:年間40万円
非課税期間:最長20年間
投資の手間:自動で積立
投資できる商品:厳選された投資信託
※つみたてNISAは、2042年までが口座開設の期限で、最長2061年末まで非課税で積立投資できます。(2021年5月時点。 変更される可能性あり)

う~ん。利益を大きく出すならNISAですが、資金があまりないですし、あれこれ考える手間考えるとやっぱり積立ですかね~。
そもそも、日本の国では将来的なインフレ率を2%にする予定とのことなので、預金していても価値が下がってしまうとのこと。
口座に眠っているお金を動かして、経済を活発化しようという国の考えが背景にあるようです。
確かにそうですね~。ここ何年かお給料上がりませんし・・・。

というわけで、今年中には積立NISAを始めようと思います。
ちょっと楽しみながら勉強しないと損ですね。コレ。