この記事では、関数やVBAマクロを使わずに、他のブックが閉じたままでも他のブックの値を参照する方法を解説しています。

まずは2つのブックを開いたまま参照する

エクセルブック「Book1」のA1セルに「Book2」のB1セルの値を表示する、という例で説明します。

Book1とBook2を両方開いておきます。

Book1のA1セルをダブルクリックした後に、半角で「=」と打ち込み、Book2のB2セルを選択後、Enterキーを押します。

これでリンクが出来ました。

これで参照が出来ました。

片方のブックを閉じると参照できている

次に、Book2を閉じます。すると、数式バーの値が変わります。

[Book2.xlsx]Sheet1’SB$1 の前についている文字はBook2のある場所です。

一見、2つのブックを両方開いていないと参照できていないように見えますが、参照できています。

Book2のB2セルに新しい値を入れ、保存した時に、Book1のA1セルの値も変わります。

注意点として、参照先のブック(ここではBook2)を保存している場所が変わると、参照できなくなります。

ブックの位置をずらしてしまって、値を参照できなくなると、以下のようなダイアログが出ます。

プロフィール画像

職場など多人数で使うエクセルブックは他の人がブックの場所をずらしてしまう可能性があります。
ですから、多人数が使うブック同士で値を参照する場合は、VBAを使った方がスマートです。