エクセルVBA Addメソッドの使い方

Addメソッドはワークシートを増やす

Addメソットを使う際は先頭にシートを増やすのか、末尾に増やすのかなど選ぶことが出来ます。

基本的なAddメソッドの書き方
Worksheets.Add 引数:=Worksheets(“Sheet1”), Count:=1
■引数の種類

Before:指定シートの前に追加
After:指定シートの後ろに追加
Count:追加するシート数を指定
Type:グラフシート・マクロシートに変更可能

サンプルコード

‘ワークシートの先頭に追加
Worksheets.Add Before:=Sheets(1)

‘ワークシートの末尾に追加
Worksheets.Add After:=Sheets(Worksheets.Count)
※「Worksheets.Count」でシート数を取得し、、Sheets(Worksheets.Count)で最後のシートに追加している。

‘Sheet1シートの前に追加
Worksheets.Add Before:=Worksheets(“Sheet1”)

‘Sheet1シートの後に追加
Worksheets.Add After:=Worksheets(“Sheet1”)

出来上がったシートを削除する

出来上がったシートを削除するならば Delete メソッドを使います。

サンプルコード

‘先頭のワークシートを削除
Worksheets(1).Delete

‘先頭から2番目のワークシートを削除
Worksheets(2).Delete