IF関数の条件に数字じゃなくて文字列を指定したい時ってありますよね。
しかし、
=IF(A1=〇,1, )

みたくそのまま文字列やスペースを関数に組み込むと、エラーになります。

文字列は ”(ダブルクォーテーション)で囲まなくてはいけません。

そして、関数に組み込む場合、空白は ”” (ダブルクォーテーション続けて2つ)です。

つまり、
=IF(A1=”〇”,1,””)

上の数式はA1セルが〇ならば1を表示、それ以外の場合は空のセルにしてください。
という意味です。

ちなみに、条件にスペースを打ち込みたいときは” ”(ダブルクォーテーションの間に全角もしくは半角スペース)です。